【オンライン講座一期生募集終了】対面しなくてもエピテーゼの製作スキルが学べる女性限定スクール【多数応募に感謝】

こんにちは。
エピテーゼで女性の自立と社会貢献を目指す社会起業家のみやびです。

さて、私は事故や病気で身体の一部をなくされた方に、見た目とこころを回復する人工ボディ「エピテーゼ」の専用サロンと、人材育成するための「エピテスクール」を開講しています。

スクール事業は2019年よりスタートして、高度なスキルをお伝えするべくすべて「対面」でやってきましたが、コロナ禍の影響と、全国各地からオンラインで受講したいとの希望の声があり、めでたく開講となりました。

中には海外からのお問合せもあって、驚きました。

説明会には意識高い系レディたちが参加

3月ごろから募集を開始し、多くの方が説明会に参加してくださりました。

数多くの意識高いレディたちがエピテーゼに興味をもち、またスキルを身に着けて「誰かの役に」「社会の役に」立つ仕事がしたい!!って真剣に私の話を聞いてくれました。

マジ嬉しいぞ。

参加地域はなぜは寒い地方が多い

たまたま重なったからだと思うんですが、参加してくれたレディたちは北国の方が多かったんです。
山形~青森、北海道もいらっしゃいましたね。石川もいたし、長野からもいらっしゃいました。

うんうん。

ひとつ共通点があったのは、「田舎で東京まで通えない」ってことでした。

これは私の勝手なイメージでしたが、東京でスクールを開催すればだれでも参加しやすいのかと思っていました。これは私の思い込みでしたね。コロナ禍で新しい発見ができて、感謝です。ピンチをチャンスに変える臨機応変力は起業家にとって大切な部分ですし。

で、話がそれましたが、事前アンケートでどれほどエピテーゼに興味をもち、また求めていたのかが見えてきました。

アンケートでみえてきたこと

第1位,エピテーゼについて知りたい

第2位、市場について(どれくらい困っている人がいるのか)知りたい

第3位,将来性について知りたい

第4位、自分にできるか心配

こんな感じでした。

他にも「講師について」っていう欄も作ったんですが、あまり興味をもってくれる人が少なかったです。。。(泣)
あ、みなさんしっかりチェックしてるから私のことを知っていたのかな!?

どこから知ったのか?

エピテーゼってマイナーだし、どこから知って参加してくれたのか気になって聞いてみました。

第1位 インターネット検索

第2位 Youtube、Instagram、ラジオ

となりました。

私の予想の中にYoutubeってのがなかったんですが、3名くらいいて、恥かしいけど発信してみて良かった(*’ω’*)ってなった瞬間です。

これからも頑張ろうっと。

ときどきこんな嬉しいメッセージをくださる方がいるので、と~~~っても励みになります♡

私が目指すエピテーゼの世界を共有できて、間違ってなかったんだなって再確認してます。

まとめ

オンライン講座の1期性募集を締め切りました。スクールの説明会にも毎回多数の方が参加してくださり、驚きとともに感謝してます。まだまだ手探りで、どんな風にエピテーゼの世界やスキルを提供していくか悩んでいますが、私と同じ気持ちで一緒に活躍してくれるレディが世の中を明るくしてくれると思うと、期待が高まります。

私はエピテーゼは“可哀そうな人”が使うものではないと思っています。メイクや洋服と同じようにファッションの一部として、自分のコンプレックスを可愛くオシャレにカバーできるものだと考えています。

外見の違いは「個性」となりつつある時代ですが、必ずしも全員がそう思えるとは限りません。しかしいつでも選択肢がある状態ならば気持ちも前向きになるでしょう。

現在、指先のお悩みは8万人以上ともいわれ、乳がんは9人にひとりがなる時代です。事故や病気の治療は病院に行き、そのあとのオシャレはサロンで相談するっていう流れもいいんじゃないかしら?

一緒に活動したいと思ったレディは、スクールをやっているので一緒に学びましょう。


田村雅美(みやび)

こんにちは。社会起業家の田村雅美です。みやびって呼んでね。元歯科技工士。エピテーゼ専用サロン《エピテみやび》のCEOで、エピテニスト育成のスクール《エピテスクール》の講師をやってます。
歯科技工士時代に渡米し、エピテーゼに出会う。帰国後友人の乳がんをきっかけに、脱サラして起業の道へ。
好きな食べ物はメロンパンと日本酒。
おうし座・O型で、自由を愛する。趣味は乗馬とカメラと飲み歩き。

【メディア】
日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞などに掲載。
NHK「おはよう日本」・テレビ東京「チェンジザワールド」など多数。

関連記事