【2021年は風の時代】自分の感性を生かす仕事が成功への道【占星術で読みとく今年の運勢】

こんにちは。
エピテスクールの講師みやびです。

2021年が始まりました。
今年は「風の時代」に突入したため、自分ファーストが優先される生き方ができます。

では具体的にどんな年か見ていきましょう。



風の時代とは

風の時代は2020年12月22日から始まりました
占星術で定義されている、この世を構成する元素は火・土・風・水の4種類があり、これまでは「土の時代」でした。

土の時代は目に見えるものが重視され、例えば、お金やモノ、権威といったものです。

それに対し、風の時代では目に見えないものが重視されます。
例えば、知識やコミュニケーション能力などです。

私達の生活もコロナ禍で少しずつ変化してきているのも風の時代に突入したからです。

電子マネーやテレワーク、サブスクリプションなどのサービスが浸透し始めたのもこの影響のひとつでしょう。


既存の価値観を拭う勇気が試される時代

20201年は風の時代に入ったので、これまで安定していた考え方や働き方などの価値観が変化します。

今までの「当たり前」が通じなくなってきます
逆に、今までの当たり前やルールが邪魔で、生きづらさを感じていた人たちにとっては過ごしやすい時代になってきました。

では、具体的にどのような変化がおこるでしょうか?
さっそく見ていきましょう。


【恋愛】恋愛・結婚などが自由になる時代

風の時代は自分ファーストがカギとなります。
婚姻制度や家庭観はこれまで以上に多様性が進み、自由になるでしょう。

事実婚や別居婚、夫婦別姓や女性が苗字を変えるといった「これまでの当たり前」が大きく変化します。

またポリアモリーといった考え方も普及しはじめたり、LGBTQのカップルが自由に、自分らしい生き方と家族の在り方を創り上げることができるでしょう。



【仕事】働く場所の概念がなくなる時代

有名大学を卒業して、安定している大企業に就職し、定年までひとつの会社に身をささげるといった「安泰」な考え方は土の時代だからでした。

これからは「風の時代」。
風の時代とは、風が吹くようにふわふわと自分の考えに従って行動できるような時代です。

仕事の掛け持ちは当たり前になり、副業やフリーランス、起業や独立といった働き方をするひとが増えます。
自分の好きな事や得意なことを活かせるようになります。

コロナ禍で当たり前になりつつある、テレワークも加速し、オフィスに通勤するといった物理的な制約から解放されます。



【お金】お金の使い道が大切になる時代

土の時代は、お給料は銀行に預けて貯めることが主流でした。
しかし風の時代は、稼いだお給料をどう使うかがキーポイントです。

自分のスキルアップのために使って、自分だけでなく周りの人にもメリットを生み出したり、少しだけ寄付をしてみたり。

お金そのものの価値ではなく、お金を使った後に生まれる人脈や価値、信用や信頼という物質的価値以外のところに価値が生まれます



【住居】自由な住まい選びができる時代

土の時代は会社通勤をするため、都心に住まざるを得ない人が多かったです。

風の時代では、住まいは自由に選べる時代になります。
多拠点は当たり前になり、その時の仕事にあわせて住む場所を変える人も増えてきます。

物質的な価値から目に見えない価値にシフトする時代なので、シンプルで自由なライフデザインになるでしょう。


では、風の時代を生き抜くための10個の心得を教えちゃいますね。


風の時代の8つの心得

フットワークを軽くする

風のようにふわっと身を軽くして行動することがキーポイントです。
悩んで考えるより、自分の心に従い行動してみましょう。
これまでの当たり前が崩れてくるので、ずっと行動しやすいですよ。


自分ファーストで生きる

「個」の時代がやってきています。
会社や身の回りのしがらみにとらわれないで、自分が気持ちいいと感じることや、思うことを大切にしていきましょう。


対等な人間関係を築く

会社や役職でマウンティングをする人とは距離を置きましょう。
風の時代は物質的な価値が少なくなります。
自分が一緒にいて心地いいと感じる人や、一緒に向上できる人たちとのコミュニティを創り上げるのがラッキーポイントとなります。


ブレない考え方をもつ

「個」が注目されます。
みんなが覚えやすいように、自分のキャラクターや信念をしっかり持ちましょう。
オリジナルの名刺を作ったり、SNSで発信してみるのも吉です。


自分のご機嫌をとる

毎日をハッピーに生きられるように、自分のご機嫌をとりましょう。
自分のご機嫌をとるためには、相手のことを考えられるような心のゆとりをもつことも忘れてはいけません。
風の時代はコミュニティが大切になってくるので、独りよがりではなく、相手のためを考えて行動してください。

カタチにとらわれない恋愛をする

有名大学出身やお家柄、収入といった目に見えるところではなく、相手の内側を見ましょう。
これからは外見や性別の基準はなくります。心から愛する人とカタチにとらわれない恋愛・結婚・家族の在り方を築きましょう。


自分磨きをする

会社に所属すれは一生安泰の時代は終わりました。
これからは仕事を複数持つことやフリーランス、起業といった「自分が主体」になって動く事になります。

そのためにも常に自分磨きをしましょう。

自分磨きは外見だけにとどまらず、資格をとったり、新しい副業を始めるために学校に通ったり、週に1冊は読書をするなど、未来の自分とその周りの人たちのお役立ちにつながることを意識してくださいね。


人の役に立つこと

目に見えない「つながり」を作る事が風の時代を生き抜くための大切な心得です。自分だけでなく、相手のことを思いやり、助け合う心を常に持ちましょう。

自分らしく生きられる時代になるので、これまでのストレスから解放される人が続出します。そうすると、心のゆとりが生まれます。

心のゆとりを少しだけ、誰かのために使いましょう。

誰かの役に立つことは、ボランティアだけではありません。
副業やお仕事にしても素晴らしいですね。

人の役に立ちながら、しっかりと収入につなげられ、なおかつ人の役に立てるようなお仕事は今後多くなってきます。

もし今、何が良いかわからない人は「エピテニスト」がオススメです。

エピテニストとは?



【おまけ】風の時代のオススメ副業

エピテニストとは、エピテーゼとよばれる人工ボディをつくる人のことです。

例えば、乳がんでお胸をなくされた方に、手術のいらない人工乳房をお創りしたり。
事故で指先をなくされた方に人工の指をお創りしたり。
また性同一性障害(FtM)の方に男性器をお創りしたりするお仕事です。

このエピテーゼとは主に外見を整えるためのアイテムですが、日本の医療制度では外見に対するフォローはありません。
一方、医療の先進国ヨーロッパでは医療保険が効くため多くの方が救われています。

日本ではエピテニスト(製作する人)がほとんどいない状態です。
その半面、困っている人は何万人といます。

風の時代に突入した今、副業やフリーランスとして活躍でき人の役にたてるエピテニストを目指してみてはいかがでしょうか?

資格を取得した後は自宅でサロンを開くことだってできちゃいます。
今なら通信講座で資格が取れるスターターキットを販売しています。

3月末までのキャンペーンが切れる前にどうぞ♪

購入はこちら。

スクールはこちら

エピテーゼとは?はこちら

みやび

エピテみやびCEOとエピテスクールの講師です。
事故や病気、生まれつきにより体の一部をなくされた方に「エピテーゼ」といわれる「見た目」と「こころ」を回復する人工ボディの製作とライフスタイルを提案するサービスをしています。

友人の乳がんをきっかけに、元歯科技工士から脱サラして起業の道へ。
好きな食べ物はメロンパンと日本酒。
おうし座・O型で、自由を愛する。

【メディア】
日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞などに掲載。
NHK「おはよう日本」・テレビ東京「チェンジザワールド」など多数。

関連記事