オール電化で火気厳禁!でもワックス造形がしたい時に使える便利なデジタルワックスペンのご紹介

こんにちは。
エピテスクールの講師みやびです。

さて、エピテーゼを始めるには「ワックス造形」が基礎になるんだ。

前回はネット通販で買える「エピテーゼ製作に必要な材料【ネット通販で買えるもの6選】」をお話ししたよね。

今回はワックス造形についてのお話さ。

ワックス造形とは、ロウソクのロウみたいなのを火で溶かしながら、形にしていくことを指すんだ。

彫金の世界では一般的なんだよ。


このスキルをマスターしちゃえば、エピテーゼだけじゃなくて、シルバーアクセサリーだって簡単に作れちゃう♪

って、その前にうち火を使えないオール電化なんだけど?っていうあなたにおススメなツールを教えちゃうね。

電気だから安心

最近は「火」を使わないオール電化のおうちも増えてきましたよね。
だがしかし、エピテーゼ製作には「火」が欠かせないツールとなる。

じゃ、引っ越すかあきらめるしか選択肢がないのかと言えば、そんなことはないです。

ちゃんと、安心な「電気」で造形ができるツールもありまっせ。
ご購入はこちらから
↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SJK デジタルワックスペン 超薄型 新品
価格:7470円(税込、送料無料) (2021/8/6時点)


デジタルワックスペンとは

電気を使って、ワックスを彫刻できるペンです。
温度をデジタルで設定できます。

50℃から最高200℃までの幅広い温度設定が可能なんです。

メリット

・火を使わないから安心
・オール電化のおうちでも使える
・温度調節がデジタルなので管理しやすい

デメリット

・火が使えないので作業時間がかかる
・一定の温度を保たれているので、細かな造形ができない
・ペン先を変えるときに冷めるまで待たないといけない
・壊れたら造形できない
・費用がかかる

まとめ

オール電化でもエピテーゼ製作の基本を極めたいって方は、アルコールランプを使わなくてもワックス造形に挑戦できる「デジタルワックスペン」をご紹介しました。

みやびのおすすめは、将来を見据えてしっかりと技術を身に着けたいと思っているなら、断然アルコールランプとインスツルメントのセットをお勧めします。

プロ仕様のインスツルメントは高価だが、一生使えるものだし、火は時間短縮になり、細部まで再現できるっていう大きなメリットがあるよ。

エピテーゼに特化したアルコールランプの造形セットの購入はこちら。
↓↓↓

田村雅美(みやび)

こんにちは。社会起業家の田村雅美です。みやびって呼んでね。元歯科技工士。エピテーゼ専用サロン《エピテみやび》のCEOで、エピテニスト育成のスクール《エピテスクール》の講師をやってます。
歯科技工士時代に渡米し、エピテーゼに出会う。帰国後友人の乳がんをきっかけに、脱サラして起業の道へ。
好きな食べ物はメロンパンと日本酒。
おうし座・O型で、自由を愛する。趣味は乗馬とカメラと飲み歩き。

【メディア】
日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞などに掲載。
NHK「おはよう日本」・テレビ東京「チェンジザワールド」など多数。

関連記事