セミナー

社会起業家とは

社会起業とは

お仕事を通じて、社会の困りことを解決することです。
有名な会社ですと
・マザーハウス
・ボーダレスジャパン などです。

ボランティアではない新しい働き方

社会起業とは、ボランティアとは違います。
ボランティアは『無償』で活動するため、自腹を切らないとなりませんよね。
生活や時間に余裕がないと活動できませんよね。

社会起業とは、活動資金を自分たちで稼ぎながら『お仕事として』『対価をいただきながら』活動していきます。

誰かの役にたちたい!
社会のために!

という想いやゴールは同じです。

 

社会起業家の定義について

社会起業家が起ち上げる事業=ソーシャルビジネスに関しては、経済産業省が3つの定義をかかげています。

①社会問題を解決するものであること

現代社会が抱える様々な問題に対し、何らかの方法で解決に導く事業を行うこととされています。

②利益を上げる事業であること

社会問題の解決を事業として掲げ、利益を上げて自社の資金で活動を続けていくことも定義のひとつです。そのため、運営形態自体は一般企業と共通するものです。

③新たなビジネスモデルであること

これまでにはない革新的な方法で社会問題への解決に切り込み、新たな社会の改革を行う事業であることもあげられます。これにより、従来では実現しえなかった解決方法を見出します。

 

 

イベントカレンダーが表示されない場合はsafari以外のプラウザでご覧ください↓↓↓

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account or API key.

Please go to the YouTube Feed settings page to enter an API key or connect an account.