オーダーメイドネイルチップ型取り講座を行いました

こんにちは。日本エピテーゼ協会会長のみやびです。

エピテスクールでは、女性の力で社会課題を解決する!を目標に、いろんな女性の支援をしております。

その中でも今回はネイリストさんのご支援をさせていただきました。

最近のネイルの流れは、『色を塗る』というより『自爪ケア』がトレンドだそうです。
そのため、数年前に流行ったジェルネイルも少し落ち着きはじめ、自分の爪を大切にしながら、特別な日だけ彩りを添える『ネイルチップ』も再注目されているそうです。

異業種との交流は知らない世界を知れるので、私としてもご支援していてとても楽しく、日々新しい発見があります。

オーダーメイドネイルチップ製作のための模型つくり

今では100円ショップでも、ネイルチップが販売されており便利になりました。

しかしネイルチップは、自分の爪のカタチとピッタリ合わないこともしばしば。。。
というより、手を加えないと合いません。

そこで、エピテーゼ製作スキルを活かしてお客様の指の型取りができないでしょうか?

とご相談をいただきました。

どんな想いがあるのか?

当協会は「女性の力で社会課題を解決する!」を目標にしていますので、ご支援させていただくうえで、もっとも私が重要視しているのは「どんな想いがあるのか」「どんな人に幸せになってもらいたいのか」です。

なんとなく~。
技術向上のため~。

こんな答えの方は、残念ながらお断りさせていただいてます。


今回ご支援させていただいたネイリストさんは、ご自身が難病になり、車いす生活となりました。
手は動くのでスキルを身に着けて、同じように悩まれている方の力になりたい。
そして、海のゴミを活かしたネイルチップを作りたい。

と、誰かの役に・社会問題も意識している素晴らしい方でしたので、快くご支援させていただきました。

車椅子生活だと、行動制限がありどうしても自ら移動することが難しくなります。

オーダーメイドネイルチップの模型で、それぞれのお客様のオンリーワンのネイルチップをお創りすることで、ご自身も移動の制限なくお家でお仕事ができ、お客様も難しいネイル処理をせずに、ぴったりとしたネイルチップを楽しめます。

そして海のゴミを活かし、かわいくデコレーションすれば環境への意識を高めることができます。

ご自身のために。
自分と同じように悩まれている方たちのために。
地球の環境のために。

このパーツが海のゴミから作られたなんで誰が想像できるでしょう。

素敵な取り組みをされているネイリストさん。

これからも応援しています。

やっているお仕事内容は違えども、誰かのために・社会のために・笑顔を一緒に作っていきましょう。

*掲載しているお写真はご了承を得て掲載しております。

ご相談やご支援依頼などはこちらからお願いいたします。


    女性男性

    田村雅美

    こんにちは。社会起業家の田村雅美です。
    友人の乳がんをきっかけに歯科技工士のスキルと経験を活かして起業。

    小中学校ではいじめられっ子で引きこもり。
    人脈・お金・経験ゼロでパソコンを買うところからスタート。
    現在はエピテーゼ専用サロン『エピテみやび』のオーナ兼スクール講師。
    日本エピテーゼ協会会長を務める。

    【メディア】
    日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「チェンジザワールド」、健康360、アントレ、創業手帳、創業手帳womanなど多数。

    関連記事

    今週のイベント

    PR広告

    アーカイブ

    使用中のTCDテーマはこちら