【Q&A】副業が会社にバレるとき!副業についての質疑応答【まとめ】

働き方の自由により、副業OKの会社も増えてきました。
一方、副業が禁止されている会社もあります。そこで今回は副業にまつわる疑問に答えます。

副業が会社にバレちゃう?よくある質問

Q:現金手渡しの副業なら会社にばれない?

現金ならバレないと思っている人もいるでしょう。しかし、副業の雇用先が給与支払い報告書(誰にいくら払ったかの記録したもの)を役所に提出していると、副業していることがバレます!

そして住民税は本業と副業の合算の収入として変わるため、この住民税の金額の変化で副業がバレます。

Q:マイナンバーから副業はばれる?

現時点ではマイナンバーから副業がバレることはありません。

Q:確定申告をしなければ副業はばれない?

所得が20万円以上ある場合は、確定申告をしなくてはいけません。それなのに確定申告をしない場合は「脱税」となり、税務署の調査がはいります。

これは副業がバレる以上に社会的信用度が落ちますので、十分に気を付けてください。

Q:年末調整から副業がばれる?

年末調整で副業がバレることはあります。正確には年末調整後にバレるリスクがでてきます。

Q:副業を偽名・ビジネスネームで行うのはまずい?

クラウドファンディングではニックネームで仕事が受けられることがほとんです。しかし、本名でビジネスを行った方が信用度が高くなり、将来起業したときに有利となります。

Q:定時後の短時間の仕事で儲かる副業はありますか?

特別なスキルがなくても、仕事のスキマ時間でサクッとできる副業が増えてきました。オススメなのは『タイミー』で、数時間から働けます。登録も簡単なので、おすすめです。

まとめ

副業が会社にバレるとき!副業についてのよくある質疑応答をまとめました。

おすすめの副業についても紹介してますので、こちらもお読みください。

https://epiteschool.net/?p=4678

関連記事

↓スポンサー広告↓

アーカイブ

使用中のTCDテーマはこちら