\乳がんの悩み/検診の「石灰化」は良性?悪性?診断について

乳がん検診のときによく使われる「石灰化」。

お医者様から「石灰化があるよ」と言われたら、どうすればいいのか不安や疑問に思う方も多いでしょう。

この記事では乳がん検診での「石灰化」について、わかりやすく解説していきます。

乳がん検診の石灰化とは

乳がんの検診で「石灰化しているところが見つかりました」と言われたら、不安になってしまう人が多いですよね。

しかし石灰化そのものはガンではないので、安心してください。

では、石灰化について詳しくみていきましょう。

石灰化とは

石灰化とは、乳がん検診のマンモグラフィー検査でよく指摘される個所です。

石灰化とは、カルシウム成分が沈着した状態のことで、乳腺組織は、乳汁といわれる分泌物をつくる組織です。

その分泌物の中に含まれるカルシウム成分が、マンモグラフィーの画像に映るために見えるのが石灰化です。

通常は心配の要らない石灰化ですが、稀に乳がんと関連する石灰化も存在するため、注意が必要です。

石灰化としこりの関係

乳がん検診では、石灰化のほかに「しこり」も見つかることがあります。

石灰化としこりは違うもので、さらに小さい粒としてマンモグラフィー画像に映ります。

良性・悪性の判断基準

石灰化の9割が乳腺症や乳腺炎が原因でできる「良性の石灰化」と診断されることが多いです。

しかし、石灰化した部分が良性か悪性かについての判断は、粒の形や広がっている範囲を総合的に判断して分類されます。

発見するにはマンモグラフィー

触診やエコー(超音波)検査では、石灰化や小さなしこりを見つけることができません。

石灰化を発見するためには、マンモグラフィーが必要となります。

マンモグラフィーは通常のレントゲンと違い、乳房専用の機械です。

小さな石灰化も発見でき、乳がんの早期発見につなげることができます。

まとめ

乳がん検診の「石灰化」は良性?悪性?診断について

➡石灰化は多くが良性です。

➡マンモグラフィー検査は石灰化やがん細胞の早期発見につながります。

おまけ

✓相談から受け取りまで最短4週間

現在9人に1人がなると言われる『乳がん』は多くの女性たちにとって心配事のひとつとなりました。

バストをマッサージしたり、日々観察することで乳がんの早期発見にもつながるので、今日からチャレンジしてみてください。

現在検査で引っ掛かってしまって心配な方、これから乳がん治療を始める方は、手術の要らない乳房再建『エピテーゼ』も覚えておいてください。

エピテーゼとは、つけ外しのできるメイド製の人工ボディのことです。
乳房と乳首の両方があります。

メリットは

✓手術しないので体に負担がない
✓つけ外しができる
✓付けたままお風呂・温泉(水回り)で使える
✓完全オーダーメイドで自然な仕上がり
✓相談から受け取りまで最短4週間
✓完全予約制プライベートサロンでバレない

エピテーゼ製作を習って社会の役に立ちたいと思われた方、
自分の経験を活かして副業や起業をしてみたいと思われた方、
誰かの役に立つ仕事をしてみたい方、
エピテスクールにご相談ください。

在校生の多くは乳がんでお胸を失くされた方たちで、ご自身のご病気やコンプレックスの経験を活かしたいと思い、学んでいます。

公式LINEでお友達追加してくださると、資料請求やお問い合わせができます。

定期的にお茶会やセミナー、1Dayエピテニスト体験教室など開催してますので、ぜひ遊びにいらしてください。

田村雅美

こんにちは。社会起業家の田村雅美です。
友人の乳がんをきっかけに歯科技工士のスキルと経験を活かして起業。

小中学校ではいじめられっ子で引きこもり。
人脈・お金・経験ゼロでパソコンを買うところからスタート。
現在はエピテーゼ専用サロン『エピテみやび』のオーナ兼スクール講師。
日本エピテーゼ協会会長を務める。

【メディア】
日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「チェンジザワールド」、健康360、アントレ、創業手帳、創業手帳womanなど多数。

アーカイブ