【超初心者向け】35歳から始める!エピテーゼ専門サロンの開き方⑥【損害保険に入ろう】

エピテーゼ専門サロンを開こうと思ったら、設備と同じくらい大切なのが『損害保険』です。

損害保険はお客様と自分を守るための保険です。

開業のスケジュールが決まったら、その前に保険に加入することをおすすめします。

前回に続き6回目です。

まだ読んでいないかたはこちらも

まだ読んでいないかたはこちらもどうそ。1~2分でサクッと読めます。


https://epiteschool.net/how-to-open-a-home-salon-2/


https://epiteschool.net/epiteschool-net-how-to-open-a-home-salon-3/

epiteschool-net-how-to-open-a-home-salon-4


epiteschool-net-epiteschool-net-how-to-open-a-home-salon-5

保険は安心を買うもの

Cropped shot of a man and woman completing paperwork together at a desk

サロン経営を対象にした保険でカバーできるのは、

・施術によりお客様にケガをさせてしまった場合の補償

・サロン内で事故が起きた時の補償

・お客様の持ち物の破損に対する補償

などが一般的です。

保険の種類により多少変わってきますが、《お客様のケガや事故をカバー》してくれる手厚い損害保険が良いでしょう。

万が一何かあった時のために、損害保険に必ず加入しましょう。

関連記事

↓スポンサー広告↓

【最新情報を受け取る】

アーカイブ

使用中のTCDテーマはこちら