【超初心者向け】35歳から始める!エピテーゼ専門サロンの開き方⑦【開業資金を把握する】

エピテーゼ専門サロンの開き方、第7弾です。

まだ前回のを読んでいないって方はこちらからどうぞ。1~2分でサクッとお読みいただけます。

【超初心者向け】35歳から始める!エピテーゼ専門サロンの開き方①【目標設定】

【超初心者向け】35歳から始める!エピテーゼ専門サロンの開き方②【コンセプトを決める】

【超初心者向け】35歳から始める!エピテーゼ専門サロンの開き方⑤【設備を揃える】

https://epiteschool.net/?p=4120


では、エピテーゼ専門サロンを始めるにあたり、必要なことがわかってきたところで、≪今回はいくら資金が必要なのか≫を把握していきます。

必要な設備、備品、広告費などそれぞれリストアップして経費を計算してみましょう。

と、いっても何をどうすればいいのかわからないと思うので、参考経費を載せておきます。

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

【参考】

①備品にかかる費用

・カウンセリング用テーブル・椅子 30,000円

・施術用テーブル 20,000円

・施術用椅子 30,000円

・棚 20,000円

・ライト 15,000円

・タオル、消耗品など 30,000円

・キャスター 20,000円

一番低く見積もった料金です。
➡合計165,000円

②広告にかかる費用

・ホームページ制作 200,000円

・チラシ代 30,000円

・パンフレット代 30,000円

・名刺代 30,000円

・ロゴ製作代 100,000円

・チラシなどのデザイン代 100,000円

➡合計490,000円

③家賃

・おうちサロンならば  0円

・賃貸 700,000円(都内1K)

・光熱費 200,000円 

➡合計90,000円

④保険料

・損害保険料 20,000円(年間)

①+②+③+④=765,000円

最低金額を見積もってみました。

ちなみにここには材料費などは含まれていません。

このように『見える化』することで意外とお金がかかるな、ここは予算を抑えよう、などと改めて気づけるでしょう。

次回は、メニュー

関連記事

↓スポンサー広告↓

【最新情報を受け取る】

アーカイブ

使用中のTCDテーマはこちら