【仕事の悩み】今の仕事にやりがいを感じない。役立つことを始めるべき?

この仕事をずっと続けていいのかわからない。
将来が不安だ。
だから『何か』を始めたいけど、何から始めたらいいかわからない。
そんな不安や悩みを抱えていませんか?

抱えているのは、あなただけではありません。

こんな自分でも何かやってみたい!

そんな気持ちがあったら、最後まで読んでみてください。
きっとあなたのお役に立つはずです。

では早速お悩みをみていきましょう。

お悩み相談

今の仕事にやりがいを感じない。

誰かの役に立つことを始めるべき?

お悩み詳細

私は35歳の独身女性です。

ごく普通の会社員です。

今の仕事にやりがいを感じられず、毎日がモヤモヤしています。

自分が必要とされている感じや、誰かの役に立つ仕事にあこがれています。

これからやりたいことを見つけて、新しい仕事にしたいと思っていますが、人のためになることを始めるべきでしょうか?

☆.。:・★.。:・☆.。:☆.。:・★.。:・☆.。☆.。:・★.。:・☆.。:☆.。:

勇気を出してご相談してくださりありがとうございます。

ご相談さまは、今のお仕事にやりがいを求めていらっしゃるのですね。

そして人のためになることを始めたいと思っているのは、素晴らしいです。

ではお悩みに対する具体的なアドバイスに移りますね。

間違った固定概念

時代は変わり、昔ながらの考えは通用しなくなってきました。

その中のひとつが

『やりたいことは、人のためになるような立派なことじゃないといけない』

これは間違った固定概念です。

ではなぜなのかみていきましょう。

理由①

やりたいことを思いついた時点で、誰かの役に立つかなんて、わからないから。

役に立つことを仕事にしていくには、提供するサービスや商品に『価値』を感じてくれる人がいて、初めてお仕事として成り立ちます。

なので『自分のやりたいことを続けた結果、誰かのためになっている』という流れが正しいです。

理由②

自分を犠牲にして誰かの役に立とうとしても、長続きしないから。

例えるならボランティアです。

自分の生活がカツカツなのに、そこから毎月毎月、数万円をボランティアとして捻出できますか?

誰かの役に立ちたいけれど、自分を犠牲にしては長く続けることはできません。

理由③

自分が幸せになってこそ、誰かのお役に立てるから。

先ほどのボランティアの話に続きますが、自分が”幸せ”と感じて初めて『余裕』が生まれます。

自分が幸せでないと、誰かを幸せにすることは難しいです。

まとめ

今の仕事にやりがいを感じない。
誰かの役に立つことを始めるべき?

『誰かのために』ではなく『自分のために』新しいことを始めましょう。

自分で考え、選び、前へ進むことで自然と誰かの役に立つことができるでしょう。

ご相談さまが、生き生きと毎日を楽しく過ごしていたら、周りの人が“どうしたら毎日を楽しく過ごせるの?”と聞かれるはずです。

その時こそ、ご相談さま自身が「人の役にたっている」ということです。

おまけ

自分のために人生を変えたいと思われたら、女性のための起業塾『エピテスクール』がおすすめです。

あなたの経験を活かしてお金に換えることができるでしょう。

お友達追加してくださると、起業についてのお得な情報がゲットできます。

田村雅美

こんにちは。社会起業家の田村雅美です。
友人の乳がんをきっかけに歯科技工士のスキルと経験を活かして起業。

小中学校ではいじめられっ子で引きこもり。
人脈・お金・経験ゼロでパソコンを買うところからスタート。
現在はエピテーゼ専用サロン『エピテみやび』のオーナ兼スクール講師。
日本エピテーゼ協会会長を務める。

【メディア】
日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「チェンジザワールド」、健康360、アントレ、創業手帳、創業手帳womanなど多数。

アーカイブ